top of page

訪問看護ステーション開業はいくらで出来るの?必要な初期費用を解説

訪問看護ステーションの開業を検討している方にとって、必要な初期費用と資金調達方法は大きな課題です。この記事では、開業に必要な費用を詳細に内訳化し、資金調達方法と成功のポイントをわかりやすく解説します。


目次



● 初期費用はいくらか?


訪問看護ステーションの立ち上げ・開業に必要な初期費用は、500万円~1,000万円が目安です。これは、事業規模やエリアによって異なりますが、開業前に必要な費用と、事業が軌道に乗るまでに必要な運転資金等が含まれます。



● 訪問看護ステーションの立ち上げ・開業の資金・初期費用の内訳


ここでは、訪問看護ステーションの開業資金・初期費用の内訳を見ていきましょう。



① 開設前の人件費

項目

内訳

目安金額

自身の給与・賞与

開設準備期間中の給与・賞与

月額 ○○万円 x 開設準備期間

スタッフの給与・賞与

開設準備期間中のスタッフ給与

月額 ○○万円 x スタッフ数 x 開設準備期間

退職給付費用

開設準備期間中の退職金拠出額

○○万円

法定福利費

社会保険料等

○○万円



② 事務所等に係る費用

項目

内訳

目安金額

仲介手数料

不動産賃貸契約に係る手数料

賃料の1ヶ月分

敷金

家賃滞納時の担保

賃料の1~2ヶ月分

礼金

物件所有者への謝礼

賃料の1~2ヶ月分

賃貸料

事務所の月額賃料

月額 ○○万円

改修費用

内装工事費用、手洗い器設置費用等

○○万円

駐車場代

訪問用車両や従業員通勤用車両の駐車料金

月額 ○○万円 x 台数



③設備・備品等に関わる費用

項目

内訳

目安金額

応接セット

利用者・家族との相談・面談用

○○万円

事務デスク・チェア

スタッフ用

○○万円 x 人数

書庫等

利用者情報等を保管

○○万円

サービス提供に使用する備品

体温計、血圧計、訪問セット等

○○万円

パソコン

事務業務用

○○万円 x 台数

電話機、FAX機、携帯電話

電話連絡・FAX送受信用

○○万円

コピー機、プリンター

書類印刷・保管用

○○万円

自動車

訪問用車両

○○万円 x 台数


④運転資金


介護報酬や診療報酬は実際にサービスを提供してから入金されるまでおおよそ2ヵ月かかります。また、開設当初は利用者数が少ないため、収入の金額も少なくなります。


そのような状況であっても、人件費や事務所の家賃、光熱費、通信費などの経費を支払っていかなくてはいけないので、運転資金を準備する必要があります。


通常に運営をする場合の、おおよそ3ヵ月~5ヵ月分の収入を目安に運転資金を準備するのが良いでしょう。



● 訪問看護ステーションの収益構造とは?


訪問看護ステーションは、初期投資1000万前後のほどの事業ですが、他の事業と比較して保険収入が収益の8割弱を占めており、投資リスクが低いのが特徴です。


売上となる保険報酬は、他のサービスよりも高めに設定されていることにより収益性が高く、黒字化しやすいのが特徴です。


また、サービスはストック型で継続的に利用される仕組みのため、集客後は安定した収益を見込むことができます。他の事業と比較してもストック型で安定している事業といえるでしょう。



● 成功のポイントとは?


1. ニーズに基づくサービスの提供


■ 1.1 地域の高齢者人口の増加

近年、高齢者人口の増加は著しく、今後もその傾向は加速していくと予想されています。特に、在宅療養を希望する高齢者が増えていることから、訪問看護ステーションへのニーズは高まっていくと考えられます。


■ 1.2 地域医療との連携

訪問看護ステーションは、医療機関や介護事業所と連携することで、利用者のニーズに合致した包括的なサービスを提供することができます。地域医療ネットワークへの積極的な参加は、事業の成功に不可欠です。


■ 1.3 独自のサービスの開発

競合となる訪問看護ステーションとの差別化を図るため、独自のサービスを開発することも重要です。例えば、特定疾患患者への専門的なケアや、夜間・休日の訪問サービスなどが考えられます。



2. 経営資源の有効活用


■ 2.1 人材確保と育成

質の高いサービスを提供するためには、経験豊富な看護師や理学療法士などの専門人材の確保が不可欠です。また、人材育成に力を入れることで、サービスの質を維持・向上させることができます。


■ 2.2 効率的な運営

事務処理の効率化や、ITツールの活用など、経営資源を有効活用することで、コスト削減と収益向上を実現することができます。


■ 2.3 経営ノウハウの習得

経営に関する知識や経験が不足している場合は、研修やセミナーに参加するなど、積極的に学ぶ姿勢が重要です。



3. 積極的な情報発信


■ 3.1 地域住民への認知度向上

地域住民への訪問看護ステーションの存在やサービス内容を広く知ってもらうために、ホームページやSNS、地域イベントなどを活用した情報発信が重要です。


■ 3.2 関係機関との連携強化

医療機関や介護事業所、行政機関などとの連携を強化することで、利用者を紹介してもらう機会を増やすことができます。



4. 継続的な満足度向上の為の改善


■ 4.1 利用者満足度の向上

利用者からの意見や要望を積極的に聞き取り、サービスの改善に活かすことで、利用者満足度を向上させることができます。


■ 4.2 品質管理体制の構築

サービスの質を維持・向上するために、マニュアルやチェックリストなどを活用した品質管理体制を構築することが重要です。



5. その他


■ 5.1 開業支援サービスの活用

開業に関する手続きやノウハウなどを提供してくれる開業支援サービスを利用することで、スムーズな開業準備を進めることができます。


■ 5.2 フランチャイズ加盟

知名度やブランド力のあるフランチャイズに加盟することで、経営ノウハウや顧客基盤などを提供してもらえます。



まとめ


訪問看護ステーションの開業に必要な費用、資金調達の方法・成功のポイントについて解説しました。訪問看護ステーションの成功のポイントを意識して事業立上げを行いましょう。


訪問看護ステーションの開業で御悩みの方は、「訪問看護ステーションはな」のフランチャイズで始めてみませんか?


少しでも気になった方は、ぜひ一度資料請求をしてみてください。






閲覧数:5回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page